nginx

nginx


english
русский

简体中文
עברית
日本語
türkçe
italiano

ニュース [en]
nginx について
ダウンロード [en]
セキュリティ情報 [en]
ドキュメント
faq
リンク [en]
[en]
サポート [en]

trac
wiki
twitter
nginx.com
blog
This translation may be out of date. Check the English version for recent changes.
基本的な HTTP 機能
他の HTTP 機能
メールプロキシサーバ機能
アーキテクチャとスケーラビリティ
テスト済み OS とプラットフォーム

nginx [えんじんえっくす] は Igor Sysoev によって作られた HTTP とリバースプロキシのサーバで、メールプロキシサーバでもあります。Rambler (RamblerMedia.com) を含むロシアの多くの高負荷サイトで5年以上も動いています。Netcraft によると、nginx は 2010 年 4 月時点で 4.70% の人気サイトでサーバーとして、もしくはプロキシとして利用されています。成功例としては FastMail.FMWordpress.com があります。

ソースコードは BSD 風の 2 箇条ライセンスでライセンスされています。

基本的な HTTP 機能

  • スタティックなインデックスファイルの提供、自動インデクシング、オープンなファイルディスクリプタキャッシュ
  • キャッシングで高速化されたリバースプロキシ、シンプルなロードバランシングとフォールトトレランス
  • リモートの FastCGI サーバのキャッシングによる高速化サポート、シンプルなロードバランシングとフォールトトレランス
  • モジュールアーキテクチャ。フィルタには gzip、バイトレンジ、チャンク化されたレスポンス、XSLT、SSI、画像リサイズフィルタが含まれます。FastCGI もしくはプロキシ化されたサーバなら、単一ページ内への複数 SSI 封入が並列で処理可能。
  • SSL と TLS SNI サポート。

他の HTTP 機能

  • 名前ベースと IP ベースの仮想サーバ
  • キープアライブとパイプライン接続のサポート
  • 柔軟な設定
  • クライアント処理を中断させること無く再構成、オンラインアップグレード
  • アクセスログフォーマット、バッファされたログ書き込み、素早いログローテーション
  • 3xx-5xx エラーコードのリダイレクト
  • rewrite モジュール
  • クライアントの IP アドレスをベースにしたアクセスコントロールと HTTP ベーシック認証
  • PUT、DELETE、MKCOL、COPY、MOVE メソッド
  • FLV ストリーミング
  • 速度制限
  • 同一アドレスからの同時接続もしくは同時リクエストの制限
  • 埋め込み perl

メールプロキシサーバ機能

  • 外部の HTTP 認証サーバを利用した IMAP/POP3 バックエンドへのユーザリダイレクト
  • 外部の HTTP 認証サーバと内部 SMTP バックエンドへの接続リダイレクトを利用したユーザ認証
  • 認証メソッド:
    • POP3: USER/PASS, APOP, AUTH LOGIN/PLAIN/CRAM-MD5;
    • IMAP: LOGIN, AUTH LOGIN/PLAIN/CRAM-MD5;
    • SMTP: AUTH LOGIN/PLAIN/CRAM-MD5;
  • SSL サポート
  • STARTTLS と STLS のサポート

アーキテクチャとスケーラビリティ

  • 一つのマスタープロセスと複数のワーカープロセス。ワーカーは非特権ユーザとして動く
  • 通知メソッド: kqueue (FreeBSD 4.1+)、epoll (Linux 2.6+)、rt シグナルs (Linux 2.2.19+)、/dev/poll (Solaris 7 11/99+)、イベントポート (Solaris 10)、select、poll
  • EV_CLEAR, EV_DISABLE (イベントを一時的に無効にする)、 NOTE_LOWAT, EV_EOF、利用可能なデータの数、エラーコードを含む様々な kqueue 機能のサポート
  • sendfile (FreeBSD 3.1+, Linux 2.2+, Mac OS X 10.5)、sendfile64 (Linux 2.4.21+)、sendfilev (Solaris 8 7/01+) のサポート
  • ファイル AIO (FreeBSD 4.3+, Linux 2.6.22+)
  • Accept-filters (FreeBSD 4.1+) と TCP_DEFER_ACCEPT (Linux 2.4+) のサポート
  • 1 万の非アクティブな HTTP キープアライブ接続は約 2.5M のメモリーを使用
  • データコピーの実施は最小に保たれる

テスト済み OS とプラットフォーム

  • FreeBSD 3 — 8 / i386; FreeBSD 5 — 8 / amd64;
  • Linux 2.2 — 2.6 / i386; Linux 2.6 / amd64;
  • Solaris 9 / i386, sun4u; Solaris 10 / i386, amd64, sun4v;
  • MacOS X / ppc, i386;
  • Windows XP, Windows Server 2003.